トップページ > ヨーグルトへの使い方 >  ヨーグルトの美容効果をさらにコラーゲンの力で引き上げる

ヨーグルトの美容効果をさらにコラーゲンの力で引き上げる

ヨーグルトを良く食べる人におすすめの使い方

粉末コラーゲンをヨーグルトと混ぜると おいしくコラーゲンを摂取できるため 愛好家には人気の混ぜ方となっています。


ヨーグルトはいろいろなメリットがあります。
ビフィズス菌などの善玉菌を増やして 悪玉菌をやっつける働きをしてくれるため 腸内環境を良くなり免疫力を高めてくれます。 そのため、便通も良くなり新陳代謝も活発になり老化防止・美容効果も あるとされています。

カルシウムも多いので、骨を強くするのにも適しています。 健康的な肌を作る際にも重要な働きのビタミンB2も含んでいます。 カリウムが含まれており、高血圧予防にもなります。

ダイエット中の方は、食前や食事の一番最初に摂ることが良いとされています。 血糖値が気になる方は、砂糖抜きでどうぞ。


粉末コラーゲンをそのままヨーグルトに入れて食べるのも良いですが、 飽きがこないよう味を変えながら摂取するために、 ヨーグルトに混ぜるフルーツなどをまとめてみました。
フルーツはコラーゲンと相性の良い栄養素も豊富です。


ブルーベリー (目に良いアントシアニン)
いちご (シミ・ソバカス予防のビタミンC)
リンゴ (内臓脂肪の分解を助けるポリフェノール)
マンゴー (細胞の老化を抑える抗酸化作用のβカロテン)
キウイ (ビタミンCが豊富、アクチニジンで消化促進)
メロン (血液をサラサラにするアデノシン)
ナシ (シャリシャリ食感の石細胞で腸を刺激し便秘予防)
アロエ (医者いらず、腸の働きを活発化するアロイン)
杏子 (クエン酸、リンゴ酸、ブドウ糖で疲労回復)
きなこ (大豆パワーで動脈硬化予防・高血圧予防・老化防止)
ナタデココ (食物繊維が豊富で血中コレステロールを低下、整腸)
蜂蜜 (栄養豊富で疲労回復、整腸、高血圧の予防、せき止め)
蜂蜜+潰したバナナ
蜂蜜+好きなフルーツ

時期によって旬の果物を入れながら 味を変えて楽しむのが飽きずに続けるコツ。

市販の苦いコラーゲンドリンクにはできない 粉末コラーゲンならではの楽しみ方でもあります。

月人気ランキング

高品質で無添加の低分子コラーゲンが今だけ激安キャンペーン中!

肌から直接浸透するレベルの他ではないほど超低分子化された粉末コラーゲン

高純度なヒアルロン酸と低分子コラーゲンを一緒に摂取できる