トップページ >  美容について >  うるおい対策

肌に潤いを与えるための食事について

美しい肌は健康の証です。
肌の潤いを保つために、良質な栄養をバランス良くとりましょう。
健康な肌にはビタミンが必須です。

特にビタミンAは肌の新陳代謝を高める働きがあるので、肌を正常な状態に保ちます。
ハリと潤いを保ち、美白効果も期待できますので、積極的にとりたい栄養素ですね。ビタミンAは鯖や鰯等の青魚をはじめとして、カボチャやニンジン等、緑黄色野菜に多く含まれています。

鮭は潤いを守るコラーゲンも含まれていますので、特に皮の部分は残さず食べましょう。
肌がかさつく原因の一つに加齢があります。ビタミンEには、女性ホルモンの分泌を手助けし、老化防止の働きがあります。

ビタミンEが含まれている食べ物には、アボガド、キウイ等の果物類、アジやウナギ等の魚類、アーモンドやピーナッツなどの豆類、そしてごま等があげられます。肌がぷるぷるになる、といえばコラーゲンが有名ですね。コラーゲンは20歳を境に減少していきます。鶏皮、牛スジ、手羽先、豚足などの肉類、エビ、サンマ、ブリなどの魚類にもたくさん含まれています。

忙しい方や食生活が乱れがちな方には低価格で続けやすいサプリが選ばれています。

肌の潤いのためのホットドリンク

肌の潤いを守りたいなら、簡単な内容で毎日行えるものが良いですね。 基本的に肌を守るには冷えは大敵です。 よって、潤いを保つ意味も含めて温かい飲み物を意識してとるようにしましょう。

よく、「水は飲めば飲むほど肌によい」と思っている人がいますが、やみくもに飲めばよいというわけではないのです。 冷たい飲み物は体を冷やしますし、度を越えて摂取すると胃腸にも負担がかかります。 ここは是非、「温かい飲み物を」「喉が渇いた時に」「ゆっくりと飲む」を実践してみてください。 水分がとれ、血行がよくなりますよ。

一番体に良いのは白湯だ、と言いますが、これは体温に近く不純物がない白湯が体のすみずみまで行き渡ると言われているのです。 白湯だけだと味気ない、という人はハーブティを試してみてください。 カフェインが含まれていないものもありますので、寝る前に飲んでも大丈夫です。 購入が面倒、という方はまずは普通の紅茶にショウガ汁とハチミツを入れるジンジャーティがおすすめです。 チューブのおろしショウガでも作れるますし、簡単な上に血行が良くなり風邪防止にもなります。

毎日のコーヒーに、無味無臭で無添加の味が変わらない粉末コラーゲンを入れて、美容ドリンクとして飲む方も増えています。

肌の潤いと表情筋

潤いのある若々しい肌は、水分だけでなく筋肉によっても支えられています。 筋肉は年とともに衰えていくものですが、お若い方でも普段から表情筋を動かさないでいると簡単に肌はハリと潤いを失ってしまいます。 筋力は使わなければ使わないだけどんどん弱くなっていくことを、日常的に意識しておかなければなりません。

年をとることは誰にも止められませんが、使わない表情筋は顔を支えることができなくなり、たるみの原因にもなります。 普段表情を動かさないでいると、筋肉が固まってしまいいざ動かそうとしても思うようには動きません。 そうなると血行が悪くなり、顔の代謝が鈍ります。 結果、肌に届ける栄養素がうまくいきわたらずに潤いが奪われていくのです。

お風呂に入った時など鏡を見て、ご自分の表情を確かめてみてください。 肌が潤って体が温まるお風呂でなら普段よりも筋肉が動かしやすいのです。 軽い微笑みでも、ぎこちなさが目立つようなら、表情筋からのサインです。

美しい表情の練習と気負わなくても、口を大きく開けたり頬を引き上げたりするだけでも、日常の表情から大きく変化します。見た目の変化を実感したい方は、最低3カ月間以上、毎日表情筋をトレーニングしていくとはっきりと違いに気付くことができます。表情筋は継続が大事ですね。笑う頻度もあげるように意識するのもおすすめです。

トップページへ戻る

肌の潤い保つスキンケア

潤いのある美しい肌の基本は何といってもスキンケアから始まりますが、正しい方法でなければ逆に肌を傷つけかねません。 まず最初に、顔ではなく手を洗いましょう。 手が汚れたままだと洗顔料に汚れが混じったまま顔を洗うことになります。

そして洗顔料をたっぷりと泡立て、指ではなく泡を顔の上で転がします。 次にぬるま湯で充分にすすぎます。
毛穴の汚れを意識しすぎて、肌が真っ赤になるまで擦り続ける方もいますが、 逆効果になります。洗い過ぎにならないように注意してください。 いつも毛穴の汚れがとれないという体質の方は、完璧を求めず 毛穴の皮脂はある程度取れればよいという気持ちを持たないと 悪循環に陥ってしまいます。しっかりと程度を見極めてください。
そして、熱いお湯や冷たい水は皮膚を硬化させますので、体温に近いぬるま湯を使いましょう。

その後タオルで水分をふき取ります。 この時ゴシゴシと顔をこするのではなく、ポンポン、とタオルを押し当てて水分を吸い込ませてください。 ここまでが洗顔ですが、ここから時間があくと皮膚表面からの水分が蒸発していくので、すぐに保湿を行いましょう。

化粧水をたっぷりと肌にパッティングします。 乾燥が気になるところはコットンに化粧水を含ませてパックするのも良いです。 手で触れてもっちりした感触が伝わったら、最後に乳液で潤いを閉じ込めます。 顔をマッサージするようにゆっくりとなじませます。

トップページへ戻る


 | トップページ | 
月人気ランキング

高品質で無添加の低分子コラーゲンが今だけ激安キャンペーン中!

肌から直接浸透するレベルの他ではないほど超低分子化された粉末コラーゲン

高純度なヒアルロン酸と低分子コラーゲンを一緒に摂取できる